ハンドケアでスキンケア

スキンケアのためには、毎日マッサージをして肌をいたわるようにするのが効果的です。中でも、酷使しがちな場所である手にはできれば1日1回程度定期的にマッサージをしてゆく習慣をもつようにしましょう。毎日続けてゆくうちに、次第に手先がきれいになってゆく実感を得ることができます。
ハンドマッサージによるスキンケアは、毎日のお風呂上りや水仕事のあとに行うのがよいやり方です。ハンドクリームをつけるタイミングに合わせて、ハンドマッサージを組み合わせてゆくと手荒れを防ぐことができます。クリームをつける一時的になめらかに指先が滑るようになるので、マッサージをするにはまさに絶好のタイミングです。手のひらや指を刺激して疲れを癒していきましょう。
ハンドマッサージの方法は、まず手のひら全体にクリームをなじませることから始めます。ハンドクリームはできればあまりケチらずたっぷりめに使うようにするのがコツです。次に、指の表面と、側面をしごくようにしていきます。1本ずつ指を反対の手でしごくようにしていき、10本すべてに対して行います。
次に、指と指の間を刺激していきます。指の間にはリンパ管の通り道があるので、ここを刺激すると老廃物の排出を早めることができます。最後に親指で手のひらを刺激するようにして、手の疲れを解消します。手のひらをギュッと握るようにして圧力をかけ、血行を促進させることで手のスキンケア対策は万全になります。